空想製本屋さん「旅の思い出を本にする」ワークショップ


 昨年スイスで製本修行を積まれてきた空想製本屋さんによる「旅のあと」展が、千駄木
往来堂書店さんで開催中です。(2月29日まで)
 その関連イベントとして、古書ほうろうで19日、20日と製本ワークショップを開いていただきました。(上の写真は、2日目の出来上がった作品です)

続きを読む

こまものやさんからのお便り おまけ編


イラスト展「こまものやさんからのお便り」にあわせて作った、こまものやさんイラストの活版ポストカードが、ぐるりと旅をして物語を運んできてくれました。一日おきくらいに一枚ずつ、ポストを開けるのがたのしみでした。郵便屋さんが直接手渡してくれた日もありました。物語の作者は、川村之さんです。
10月22日のサウダージな夜では、吉上恭太さんがこの物語を即興で歌ってくださったのでした♪

では、届いた順にご紹介。写真をクリックして、さらにオリジナルサイズを表示をクリックすると大きくなります。

続きを読む

「こまものやさんからのお便り」全点掲載!


イラスト展「こまものやさんからのお便り」、おかげさまで大盛況のうちに終えることが出来ました。twitterなどで宣伝してくださったみなさま、感想を寄せてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。
天野みかさん、おつかれさまでしたー。この企画を快諾してくださって、心から感謝しています。たのしかったー。
ピンぼけなど見づらい写真もありますが全点並べてみました。


関連ページ


以下写真です。ちょっと重いかも。↓

続きを読む

つるぎ堂活版印刷ワークショップ


ワークショップのようすをアルバムにアップしました。⇒
昼の回は、わたしも参加していたので写真が少なめでした。ごめんなさい。

およそ20字×2段で活字を組み、好みの紙を選んで、栞を印刷しました。みなそれぞれに、全く違う出来上がり。
活字拾いは、老眼にはキツかった(私も含めて)という声もちらほら聴こえましたが、貴重な経験でした。

8月12日(金)〜16日(火)には下北沢のleteにて、つるぎ堂、九ポ堂、knotenによる《ちいさな活版印刷屋の夏休み展》が開催されるそうです。
どうぞお出掛けください。

詳細⇒http://tsuru9ten.jugem.jp/

ナンダロウアヤシゲのはじめてのみせばん おふたりに感謝号


2日間のジャーナルを手にパチリ。
ナンダロウアヤシゲさん、武藤良子さん、2日間ありがとうございました。
猛暑の中、たくさんの方が見えて買い物してくださいました。私たちにとっても、刺激多くたのしき2日間でした。
(ナンダロウアヤシゲのはじめてのみせばん関連記事⇒

続きを読む

近藤十四郎 meets 尾形慶次郎 and 鈴木等 live

お馴染み、近藤十四郎(Vo.Gu.)、尾形慶次郎(Ba.Cho.)のデュオに、鈴木等(Gu.Cho)が加わり、千駄木最強トリオとなって、古書ほうろうにドカドカやってきましたよ!ワルさ三倍増、ヤバいです。火傷しちゃう。
不忍ブックストリームでお馴染みトンブリンさんに、今宵初の出張トンブリンをお願いし、この熱いライブのUSTREAM配信が叶いました。下のプレイボタンをクリックすると再生されます。

 3月19日(土)には、千駄木のペチコートレーンでライブがあります。東日本大地震救済Liveになるそうです。
 詳細はこちら→http://blog.livedoor.jp/bluesslapper/archives/51956304.html

続きを読む

吉上恭太のサウダージな夜 第6回


昨年の7月から始まった、吉上恭太さんの「サウダージな夜」。外は凍える寒さでしたが、恭太さんのギターと歌で、店の中はほんわかと温かな空気に満たされました。寒い中お運びくださったみなさま、ありがとうございました。

いつも早めに到着して、恭太さんはギターを爪弾き始めます。会場の設営が終ると宮地と私は、いったん帳場に戻ります。恭太さんの生ギターを聴きながらの仕事は、贅沢独り占めみたいで密かな愉しみでもあります。

続きを読む