ものもうすノート「もしもし?」


ものもうすノート
「mousu mousu(もうすもうす)」


B5版/厚さ約1cm/横罫 行間は7mmです。

定価 1,600円(税込み)

 お世話になっている、アーティストの村山華子さんが2005年に手がけられたユニークなノートブックをご紹介します。
 某文房具会社がアーティストとコラボレートしたノートシリーズは、記憶にある方も多いかもしれません。
「使い終わっても捨てたくならないようなノートを」との依頼で村山さんが考えたのが、こちらのノートです。一見、ふつうの大学ノート、けどただならぬ気配あり。よおく目を凝らしてください。
(写真はすべて、クリックして、更にオリジナルサイズを表示をクリックで拡大します)



 表紙にはにぎやかそうな黒電話があしらわれ、タイトルは「mousu」がリフレクト。



 表紙を開け、コンテンツを拾い読してみると、
「1.びんわんぶりをみとめられ。しゅっせかいどうまっしぐら…」
「8.おんせんやどで、たまたまてにとったでんわちょうの…」
「15.なぜかあってしまったたよりないせんぱいに…」
などなど、いるいる系リアル感のある24人の横顔が、24行の罫線となって紹介されています。



 オフメタルの扉には、24回線分の呼び出し音。



 もうお気づきですね。ぱっと開くと、ま、ふつうのノートですが。



 ニートな女子や、還暦主婦萌え系など、24組の電話の会話が、ずっと横一直線に最後のページまで、罫線として続いているのです。
 日付け欄には、通話時間がカウントされているという凝りよう。もちろん、24組の会話は、村山華子さんの創作です。

 おしゃべりに聞き耳たてながら勉強すれば、集中力も養われるかもしれません。

 こちらのノートは、すでに売りきれてしまっているそうなのですが、村山さんのお手元にあるのが数冊だけですが見つかったとのことで、古書ほうろうにてお取扱いさせていただけることとなりました。

村山華子(むらやまはなこ)
1980年生まれ。アーティスト。
豆本や、ノートなどのアートプロダクトを中心に創作。「信用ゲーム展」(Inter Communication;2001年)を始めとした展覧会への参加のほか、移動式豆本図書館「ぶつぶつ堂」で、様々な人から集めた豆本を公開するなど人々がゲーム感覚で参加できる作品の提案・創作もする。(フライヤープロフィールより転記)

うさじろうの東北名物カレンダー

絵描きのはとちゃん営む〈ハト商店〉から、2012年のカレンダーが入荷しています!
ひと月一枚、うさじろうが東北名物をご案内。かなりたのしんでいるご様子。(笑)
今年は、プラスチックケースに入れて立て掛けられる仕様ですので、卓上カレンダーとして、うさじろうがより身近な存在に!
そして、当たりも入ってるとか?! きっと縁起物よ。


うさじろうの東北名物カレンダー 2012   1,260円

続きを読む

「こまものやさんからのお便り」編集者天野みかさんのお仕事

 イラスト展「こまものやさんからのお便り」早いもので、残り3日となりました。
 今夜は、20時より「吉上恭太さんのサウダージな夜」もありますよ。


 パソコンが不調で大変遅くなってしまいましたが、本日はイラストの展示以外のことをご紹介します。今回のイラスト展、準備をすすめるうちに、天野みかさんのイラストが生まれる背景も覗いてみたいと思うようになり、ミニ関連企画もしています。

 ひとつめは、天野さんによるアフガニスタンのアルバムと体験記。
 この夏、天野さんは、参加されている「アフガニスタン 山の学校支援の会」に同行し、初めて現地を訪れました。
 帰国後すぐに届いたお便りには、チラシに使わせて戴いたアフガニスタンのメロンのイラストが描かれていて、私にとってはゲリラとか、タリバンがすぐに連想されてしまう彼の地が、「本を読む細長いメロン」の小さなイラストにより急接近してきたのでした。やっぱ、天野さんのイラストってすごい!


 その後、見せてもらった写真には、日本では見たことないような、緑と荒涼が同居している山々、乾いた空気、澄みきった青空、滞在した山のお宅ののごはんや、はにかんだり、かしこまったりしてレンズに収まる子どもたちがたくさん写っていました。
 それらの写真を閲覧用のアルバムとして、印刷した天野さんによるアフガニスタン備忘録はご自由にお持ち帰りいただけるようになっています。


 もうひとつは、天野みかさんの本業、編集された本の展示、販売です。
 どの本もとても丁寧に編まれていて、挿し絵使いなど、ちょっとした気遣いがたのしいのです。自社装になるためクレジットはありませんが、天野さんご自身が装幀された本もあるのですよ!

続きを読む

写真集『女川海物語』


小岩勉写真集 女川海物語 おながわうみものがたり
タツムリ社 1992年初版
2,400円(税込み)

・・・・・

 原発のある漁村、ということを知らずにこの写真集を開けば、日本の漁村の原風景といえるようなのどかな風景とともに潮のかおりが鼻の奥に甦り、人々の、笑い声が聞こえてきそうだと感じるかもしれません。

 岩手県一関市の山村に育ち、仙台に住む著者が、原発のある漁村、宮城県牡鹿郡女川町に通いながら、そこで出会った人々の話に耳を傾け、そっと寄り添うように日常を切りとった写真は、あくまで静かです。

 しかし頁をすすめると、おだやかな風景の中に、原発阻止の旗を持つ人々の背中が突如現れ、のしかかる現実を知らされます。(使用済核燃料排出の日)


 原発建設計画が上がった時、人々はみな反対だった。それを電力会社の社員が一軒一軒回った。
原発ができたことで、昔からの、浜の人間関係をメチャメチャにされてしまったんだよ。だから…あのとき反対したのが良かったのか、そうでなかったのか…」(あとがきより抜粋)

 女川原子力発電所は、1984年営業運転を開始。掲載されている写真は、1988年から1991年にかけて撮りためられたものです。


 今年の6月、〈Book!Book!Sendai〉の一箱古本市に参加するため、私たちは仙台に行きました。その時訪ねた、〈書本 & cafe magellan(マゼラン)〉さんで、そろそろ帰ろうと店長の高熊さんにご挨拶をしていたときに、この写真集と出会いました。

 生活に追われ、流されていく日々の中で、立ち戻る場所を示してくれている写真集だと思いました。自分たちの店にも置き、ひとりでも多くの方にご覧いただくことが私たちの役目だと思っています。


 この写真集の版元であるカタツムリ社は、仙台の〈火星の庭〉の前野久美子さんのブックカフェ開業の背中を押した師、8月に逝去された加藤哲夫さんが創られた出版社です。
 この6月には加藤哲夫さんの書かれた『市民のネットワーキング 市民の仕事術 I 』『市民のマネジメント 市民の仕事術 II 』(各 987円)が、仙台文庫シリーズとして刊行されましたので、そちらも併せて取扱いをはじめました。
 前野久美子さんの『ブックカフェのある街』は再版が決まり、これまで版元のメディアデザインさんで取り置いてらした交換用の在庫を出荷できますとのご配慮を戴きましたので、『齋正弘さんの『大きな羊のみつけかた』とともに再入荷ししています。

『雲遊天下』にナンダロウアヤシゲのはじめてのみせばんの顛末記


ビレッジプレス『雲遊天下』 107号
525円(税込み)

もうひと月以上経つのですね。はやいなぁ…。
8月1日発売の『雲遊天下』の南陀楼綾繁さんの連載に、7月の「ナンダロウアヤシゲのはじめてのみせばん」顛末記が掲載されています。

続きを読む

港の人の活版印刷詩集・歌集と印刷体験

 港の人さんは、活版印刷詩集の自費出版プロジェクトを手がけており、今回のフェアでも詩集と歌集3冊並んでいます。
 今日はその3冊のご紹介と、それにちなんだイベントへのお誘いです。
 今日、明日と、当店ではおなじみのつるぎ堂さんに出張していただき、どなたでもワンコインで活版印刷体験をしていただける時間を設けました。お子様でも大丈夫です。お誘い合わせのうえお運びください!
 今回のためにつくった凸版、数種からお好きなものを選んでいただき、ミニカードを印刷します。

ワンコインで活版印刷体験
7月17日(日)、18日(日祝) 15時〜18時 1回500円(材料費込み)予約不要
※活字を組んで栞をつくる定員制のワークショップもあります。
詳細⇒http://d.hatena.ne.jp/koshohoro/20110701/p2

どれも控えめながら手に寄り添うような造本です。写真でなく、ぜひ手にとってその雰囲気を味わってください。



歌集 『鈴を産むひばり』
光森裕樹 著 2,310円
2010年  装幀/関宙明  活版印刷/内外文字

1997年兵庫県宝塚市生まれ。いま注目の新鋭歌人の第一歌集。現代社会の何気ない風景を、リアリティあることばで歌う。第54回角川短歌賞受賞。著者サイト⇒http://www.goranno-sponsor.com/
 


詩集『夜の甘み』
伊藤啓子 著 2,100円
2010年  装幀/関宙明 ミスター・ユニバース  活版印刷/内外文字

山形在住の女性詩人、新境地の第4詩集。
 



詩集『草地の時間』
村野美優 著 1,575円
2009年  装幀/関宙明 ミスター・ユニバース  活版印刷/内外文字

村野美優の第3詩集。吉田文憲・中本道代による栞付き。第2詩集『セイタカアワダチソウのうた』も港の人刊。販売中です。