面出し再考

 ここしばらく日本の小説棚の本が売れません。新入荷棚すぐ左の比較的新しめの本を集めた棚。動きが悪いのは他も同じですがここは特に膠着状態で、そのわりには結構あれこれ入ってくるので完全に糞詰まりとなっています。並んでいる本に魅力がないのならまあ仕方ないんですが、たとえば今この時期に北村薫の『鷺と雪』が動かないというのは、何か問題があるのでしょう(さすがに『1Q84』はすぐ売れましたけど、ねえ)。前から思い当たることはあったので、今日はその手当てをしてみました。
 半年くらい前、このジャンルの(しかも売れ筋の)本が大量に入ってきたことがあって、どうにも並べきれないので2段目の面出しコーナーを撤去して、そこにもズラーっと並べたことがありました。その対応自体は間違っていないのですが、その後も面出しを復活させなかったのは完全に失敗。「1冊でも多く並べた方がいいかもよ」というエクスキューズこそありましたが、要は横着したわけです。面出しにはその本自体を目立たせるという本来の目的以外にも、棚全体にお客さんの目を向けるという効果もあって、実はそれが大きいのですね。面出しコーナーをなくしたことで、あの棚は店のなかで埋没しちゃったのでしょう。
 というわけで、本日復活させてみました。一段分本を減らさなければならないので、その分均一棚も充実。また一冊ずつ値段の見直しもしました。これでも動きが変わらなかったら、ちょっとお手上げだなあ。


 帰り際に中古CDもちょこっと出しましたよ。

はっぴいえんど高橋ユキヒロ、ソウル・フラワー・ユニオンセルジオ・メンデスとブラジル'66、レッド・ホット・チリ・ペッパーズシャルロット・ゲンスブール、ディキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ、デヴェンドラ・バンハート、アーツ・ザ・ビートドクター、フアナ・モリー

 アルバム・タイトルからしてぐっと来る『カンテ・ディアスポラ』、クールなジャケット通りの音が鳴る 『Searching for the Young Soul Rebels』、そして言わずもがなの『風街ろまん』(紙ジャケ!)と今日も粒ぞろい。でも何より個人的な大発見はフアナ・モリーナでした。何から何まで素晴らしい。
(宮地)
カンテ・ディアスポラ Searching for the Young Soul Rebels (Rpkg) Son

人文の500円均一棚には

 たとえばこんなものがあります。

 場所は店の正面向かって一番右の通路の左側の列。そこは思想・哲学からはじまって歴史にいたる人文系の棚なのですが、そのそれぞれ一番下の段が500円均一です。マメにチェックしてくださっているお客さんがいる一方で見過ごされがちなコーナーでもあります。状態に難のある基本図書、在庫がダブってしまった本、適当な収まりどころのない本、なぜかずっと売れない本などをお値打ち価格で放出してます。安い本をいちいちアップしてたらキリがないのですが、棚の整理をしているうちどうにももどかしい気分になってきたので書き出してみました。どうぞよろしく。
(宮地)

モーツァルトのCDいろいろ

 どうにもこうにも本の出し場所がなくなってしまったので、今日は中古CDに専念。とくにクラシックはここしばらく(ひょっとしたら半年くらい)まったく出していなかったので、まとめて出しました。4分の3くらいはモーツァルトで、なかでもオペラの全曲盤が8セットと最大勢力となっています。カラヤンの『ドン・ジョヴァンニ』、マリナーの『フィガロの結婚』といった定番ものから、『バスティアンとバスティエンヌ』『クレータの王イドメオーネ』のような一般的にはあまり聴かれることのないものまでいろいろ。指揮者ではコリン・デイヴィスが4枚と突出。オペラ以外ではブレンデルのピアノ協奏曲全集(10枚組)が一番の大物で、ほかにもアルバン・ベルク四重奏団がTELDECに吹き込んだものや、ワルター指揮によるヴァイオリン協奏曲、オペラ・アリア集など、評価の固まっているものを多数出しました。詳細は明日もし時間があればアップします(モーツァルトじゃないですが、4枚組の『エリー・アーメリングの芸術』などもあります)。

 明日(定休日)はまた棚の整理をして、本を出す場所をつくります。
(宮地)

うれしい便り、古本屋の喜び

 一昨日は文庫本を昨日はハードカバーを、それぞれまとめて出しました。そして今日は定休日恒例の棚の整理。まったくもって先週と同じことをやってるわけですが、それこそがバンバン品出ししている証し。本当はもう少し様子をみたい本についても、どんどん均一棚に移していますので、お近くにお越しの際は覗いてみてください。

 さて、毎週こんなことばかり言っていると「しばらく売れないとなんでも安くしちゃうんだ」と思われるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。そもそも自分にとって大切な本はちょっとやそっとじゃ値下げしないのですが、それと同時に「値下げのしどき」というものがあって、それを逃すと愛着が深まって簡単には下げられなくなってしまうのです。棚を見るたび「ああ、なかなか売れないなあ」とは思うものの、その度に「意地でも値下げしないぞ」となっちゃう。お客さんの立場からすれば安いに越したことはないし、こっちも売ってナンボ。でも「この値段でも喜んで買ってくれる人に売りたい」という誘惑からはなかなか逃れられないんですよね。

 とまあ、なんでこんなことをもったいぶって書いているかというと、つい最近そんな一冊がようやく売れたから。『ON記録の世界』という本で、ずいぶん前に書いた日々録を見つけてくださったお客さんの手に渡っていきました。出したのはもう6年も前。こんなに素晴らしい本なのにどうして売れないんだろうと、長い間棚を見る度に首を傾げてきたのでもう大喜びなのですが、昨日はこんなメールまでいただいてしまいました。

週末、この本を読みふけっていましたが、すごい本で感動しました。
今回入手できたことを大変うれしく思います。


 探している本をネットで検索してうちの店にたどり着き購入される方はたくさんいらっしゃいますが、こんな風に感想が送られてくることは滅多にありません。それだけでも大変ありがたいことですが、でも、いちばんうれしいのは、自分が売値というかたちで託した気持ちを、このお客さんが受けとめてくださり、結果この本とその著者である宇佐美徹也さんへの敬意を分かち合えた、ということです。だって、本当に「すごい本」なんですもの。
(宮地)

洗濯とボラ・デ・ニエベ

 非番なので朝から洗濯したり、掃除したり。
 掃除は苦手ですが、洗濯は好きです。楽しそうにやってるからでしょうか、玄関前の路地で脱水されたもののシワを伸ばしていると、いつも近所のおばちゃんに「ほんと洗濯好きねえ」と声をかけられます。実際は、いまどき洗濯機が屋外にあるのが珍しく、目立つから、ということなんでしょうけど。ともあれ、この季節は2時間ほどですぐ乾くので、冬場のように干せる量から逆算して洗濯機に入れるものを決めなくていいので、楽です。
 掃除の方の最大の収穫は、AirMac Express導入以降も以前のままになっていた居間のごちゃごちゃした配線をきれいに整理できたこと。押し入れの枠にそって這わせていた電話線がなくなってすっきりしました。


 夕方、涼しくなってから店へ。昨日すっかり忘れていた預かりの計算をして、あと、ここしばらく中古CDを出していなかったので、20枚ほど放出。こんなラインナップです。

友部正人、ボラ・デ・ニエベ、スティーヴィー・ワンダーナット・キング・コールアーチー・シェップ山之口貘、コンポステラ、アイズレー・ブラザーズ、ヤエル・ナイム、ザ・ラカンターズオシリペンペンズトム・ウェイツドナルド・フェイゲン、リズ・フィールズ、スカーレット・ヨハンソン


 アーチー・シェップのBYG盤とか、高田渡監修ふちがみとふなと参加の山之口貘トリビュートなど、名盤目白押しですが、これを読んでくださっているみなさんにぜひ紹介したいのが、キューバの偉大にして洒脱なエンターテイナー、ボラ・デ・ニエベ。「キューバの音楽家」と聞いて多くの人が想像するのとはまったく違ったタイプのミュージシャンですが、その唄とピアノは本当に素晴らしいです。

(宮地)

AirMac Express 導入

アップルコンピュータ AirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/A
 先日、定額給付金戻ってきた税金でAirMac Expressを購入し、自宅でのネット環境が無線(なおかつ2台同時接続可)になったのですが、本日店でも無事設定を終え、仕事の環境が大改善されました。これまではレジ付近でしか繋げなかったので、集中して調べものをしたいときなどもお客さんがみえるとその都度中断せざるを得なかったのですが、これで時と場合によってはバックヤードに籠ることができますし、もちろんミカコのiBookと同時に繋ぐこともできます。どんどん進む技術革新にはおおむねついて行けてないのですが、早まって長い電話線買ったりしなくて(いっとき本気で考えてました)、ほんと良かったです。しかしこの小さい機械ひとつ持ち運ぶだけで、こうまで変わるとは。

 仕事の方は、昨日の続きを延々と。新しく本を出すというよりは、値段の見直しと棚の整理中心の作業でした。
(宮地)