タイコウチさんを紹介します! 「Book! Book! Sendai」とスクィーズと『海炭市叙景』

 先月参加した「Book! Book! Sendai 2011」一箱古本市から、早くも3週間が経ちました。

 たくさんの人にお会いし、さまざまなことを話した、楽しく稔り多い2日間でしたが、以前からその文章を愛読してきたお二人、えのきどいちろうさん、タイコウチさんとお目にかかれたことも、予想だにしてなかっただけに、うれしいできごとでした。


F党宣言!---俺たちの北海道日本ハムファイターズ!
 えのきどいちろうさんについては、ぼくがあらためて紹介する必要などないですよね。昨年末に出た『F党宣言! 俺たちの北海道日本ハムファイターズ!』もそうでしたが、あるチームを応援し続けることの歓びを、こんなに感じさせてくれる方はいません。そんなえのきどさんと、「一箱古本市の箱」を挟んで、大宮公園サッカー場や「スカパー! ワールドカップ・ジャーナル」の話ができたのは、本当に幸せでした。
 じつは、えのきどさんは店にも来てくださったことがあるのですが、そのときは全然お話できませんでした。緊張してしまったせいもあるのですが、古本屋の店主という立場だと、面識がない人に無闇に話しかけるのは憚られて。それが、今回はごく自然に会話ができ、一箱古本市という場の持つ力を再確認することとなりました。「古書ほうろうには、大宮アルディージャのファンの人がいるよね」と話しかけてくださったことは、忘れられません。


 もうひとり、タイコウチさんとお会いできたのも本当にうれしくて、このエントリは、その喜びを伝えるために書いています。

 タイコウチさんは、仙台での一箱古本市には毎回出店されている店主さんで、屋号は「たいこうち書店」。2008年秋に行われた「Book! Book! Sendai」最初の古本市にも参加され、magellan賞を受賞されているので、仙台のみなさんにはすっかりお馴染みだと思います。

たいこうち書店

文学、音楽、映画、文化、思想…すべてにおいて半可通な私の本棚の奥で眠るより、心あるあなたの手の中で豊かな第二の人生を送ってほしい。なんてことを書いて古本市に参加させてもらうのも、もう4回目となりました。


 本、仙台、といった文脈で紹介すると、タイコウチさんはこんな方なのですが、ぼくが以前から存じ上げていたのは、熱烈なスクィーズ・ファンとしての顔。スクィーズは、音楽好きなら名前ぐらいは聞いたことがあるに違いないイギリスのバンドなのですが、タイコウチさんは、そんな彼らの曲やニュースを紹介する「SONG BY SONG」というブログの寄稿者で、ぼくはその文章と訳詞を、この5年近くずっと読んできたのです。スクィーズを聴きはじめて、はや四半世紀。彼らを愛することにかけては、ぼくも人後に落ちないつもりですが、タイコウチさんは別格。実際にお目にかかるなんて考えたこともなかったのに、それが同じ一箱古本市の店主としてあの場に居合わせるなんて! 打上げの席では、本や音楽の話を心ゆくまで交わし、あらためて尊敬の思いを深めました。

 今回は、タイコウチさんの方から「ほうろうさんはスクィーズがお好きなんですよね」と話しかけてくださったのですが、そのきっかけをつくってくれたのは、「SONG BY SONG」の運営者でもある、THE MUSIC PLANTの野崎洋子さん。THE MUSIC PLANTは、ヨーロッパの伝統音楽のミュージシャンを日本に招聘するかたわらCDの輸入もされていて、当店でも取り扱っています。そんなこともあって以前ブログで紹介いただいたのを、タイコウチさんがご覧になったというわけです。


 さて、ここからがいよいよ本題なのですが、そんなタイコウチさんと野崎さんが、この5月から「気ままにBOOK TALK」というブログを始められました。お二人が、好きな本、映画、音楽について交換する往復書簡なのですが、そこにタイコウチさんが書かれた、佐藤泰志海炭市叙景』についての文章が、あまりに素晴らしいのです。

「気ままにBOOK TALK海炭市叙景(3)
 http://www.ourbooktalk.com/2011/07/blog-post.html

海炭市叙景』と、スクィーズの『EAST SIDE STORY』という、双方に通じている人などほとんどいない作品を取り上げながら、決して内輪な話に陥ることなく、それぞれの作品の本質と共通点を浮かび上がらせていることが、お読みになった方にはおわかりいただけると思います。佐藤泰志ファンは『EAST SIDE STORY』を聴いてみたくなり、スクィーズのファンは『海炭市叙景』を読んでみたくなる文章で、そんな方が一人でも増えるといいなと思い、久しぶりに告知ではないブログを書きました。
(宮地)
海炭市叙景 (小学館文庫)
イースト・サイド・ストーリー(紙ジャケット仕様)

わめぞと西荻ブックマーク

金曜日のモクローくんトークのゲストとして参加くださった古書往来座さんと、古書音羽館さんが携わる新年明けのイベントをご紹介します。

わめぞ
◎第18回 古書往来座 外市 〜軒下の古本・雑貨縁日〜

2010年1月16日(土)、17日(日)/雨天決行(一部の棚などは店内に移動します。)

16日⇒11:00ごろ〜19:00(往来座も同様)
17日⇒12:00〜18:00(往来座も同様)

古書往来座 外スペースにて

岡山県倉敷より蟲文庫が参加!!!

詳細→http://d.hatena.ne.jp/wamezo/20091209

出来たて!往来座さん制作の「池袋本処地図」配布中です!


第39回西荻ブックマーク
「私は古本ストーカー」
田村七痴庵独演会 Part3
彷書月刊編集長と浅生ハルミンの奇妙な関係〜

2010年1月31日(日)
会場:今野スタジオマーレ
開場16:30/開演17:00
料金:1500円(会場でお支払い下さい)

詳細→http://nishiogi-bookmark.org/2009/nbm39/

荻窪』『西荻窪』『吉祥寺』の古本屋さんを紹介するフリーペーパー「おに吉古本案内」最新号(vol.4)配布中です!!

TRIXIS BOOKS

koshohoro2009-11-14

 友人の小森岳史くんが、ネット古書店をはじめました。
 名前は、TRIXIS BOOKS(トリクシス・ブックス)といいます。

 http://trixis.shop-pro.jp/


 扱うジャンルは、文学を中心に、音楽、思想、デザイン関係など。販売している点数こそまだ少ないですが1冊ずつ写真と丁寧なコメントが付けられており、欲しい本を探すというよりは未知の本との出会いの場として、ときどきのぞかれることをおすすめします。これまでの彼との付き合いから、ミステリの目利きであることは保障します。


 小森くんとは、はじめて会ってからもう10年くらいになるのかなあ。その頃縁あって詩の朗読をする人たちと知り合い、そのなかに彼もいました*1。その分野での一番の仕事は「ポエトリーカレンダートーキョー」というフリーペ―パーの編集。詩の朗読会情報とともに毎号掲載された特集記事がすばらしく、柴田元幸多和田葉子青柳拓次といった人たちからの寄稿、谷川俊太郎ゲーリー・スナイダーへのインタビューなど、アーカイブがWEB上に残っています。
 http://pct_web.tripod.com/topics_index.html


 また小森くんは、不忍ブックストリート草創期のメンバーでもあります。もうすぐ出る南陀楼さんの『一箱古本市の歩きかた』でも触れらていますが、最初の「不忍ブックストリートMAP」は小森くんと奥さんの順子さんの尽力なしでは完成することはなかったでしょうし、第1回の一箱古本市当日も、自転車部隊として町中を走り回ってくれました。


 あと、小森くんと古本でもうひとつ思い出すのは「ふるほん横町」というサイトのこと。北尾トロさんを編集長に、2001年のごく短い期間存在したこのサイトの管理人も彼の仕事。その頃のことは『ぼくはオンライン古書店のおやじさん』でも確か触れられていますが、WEB上にもトロさんの日記がちゃんと残っていました。2001年1月から7月頃までの日記をたどると、「ふるほん横町」のこととともに、西荻窪の古本カフェ「ハートランド」を中心とした人々の交わりが浮かび上がってきます。
 http://www.vinet.or.jp/~toro/hibi/index.html


 そんな小森くんが千駄木からつくばに越してはや2年。当時のようには会えなくなりましたが、こうして同じ仕事をはじめたことをとてもうれしく思っています。

(宮地)


追記
 いま、TRIXIS BOOKSのサイトを見直したら、今日から新コーナー「今これ読んでるよ」がはじまったようです。小森くんとトロさんの今読んでいる本が、コメント付きで紹介されています。
 http://trixisbooks.blogspot.com/2009/11/blog-post_3564.html

*1:その頃のことはこれまでも何回か書きました。ここここをご覧ください。

Twitter/野島康三/洞口依子/ 鎮西尚一

 今日は非番。丸一日時間が空くことはなかなかないので、早起きしていろいろ観てきました。

 どれも素晴らしく、認識を深めたり、愛を再確認したり、未知の作家に出会ったりと、楽しく有意義な時間でしたが、このラインナップ、じつはTwitterの影響がとても大きかったのです。以下そのことを。


 Twitterをはじめて1ヶ月余り、あっという間でした。こんなにハマるなんてまるで想像できませんでしたが、もうズブズブであります。この新しい「おもちゃ」のどこが優れているのかについては、始めて間もない頃にも一度書きました。ざっくりまとめると「仕事の合間に見つけた小ネタを紹介しやすい」「古本屋の実況中継ができるのでは」ということで、つまり「アウトプットするのにとても便利だ」と。その印象は今でも変わっていません。

 変わったのはインプットの方。当初はあまりたくさんの人の「つぶやき」が入ってきてもどうせ読めないし、と、フォローは知り合いやどうしても読みたい人に限っていました*1。そして、それでも十分楽しかった。なかでも同じ古本屋を生業とするみなさんの日常を知るのは、とても刺激になりました。それがある時期から、面識のない人も少しずつフォローするようになっていきます。きっかけはこの「つぶやき」

 買い取りで入ってきた杉田敦『白い街へ』(彩流社)のことに触れたら、未知の方が二人、すぐにリアクションをくれて、それでなんか目から鱗が落ちたんですよね。それからは面識のあるなしにはこだわらずに、自分の好きなことを自分よりも知っている人、守備範囲は違うけど肌の合いそうな人、同じチームを応援する人、生活圏が近い人などもフォローしはじめたのです。


 今日観たものも、そんななかで知りました。まあ洞口依子については自分でも大プッシュしていたわけですが、野島康三と鎮西尚一については、つい3日前まではそんなつもりまったくありませんでした。でも、毎日その「つぶやき」に接し勝手に親近感を持っている人たちが、「ここぞ」と気合いを入れて推しているのを読んで、足を運んだのです。


 野島康三の写真展に行くのは今回がはじめてだったのですが、確かに本になったものではこの美しさは伝わらないと思います。写真の技術についてはまったく疎いのですが、ゴム印画、ブロムオイル・プリントの魅力について認識しました。もっともインパクトがあったのはトリミングされた細川ちか子の肖像。成瀬巳喜男の作品でしか知らなかった女優さんですが、大いに印象が変わりました。
 松濤美術館で今週の日曜日(15日)まで。天皇陛下御在位二十年だとかで、入場は無料です。


 そして鎮西尚一。今日を逃したらたぶん一生観ないままだったでしょう。名のみ知る監督の12年ぶりの新作。きちんきちんと挿入されるカラミのシーンがかろうじてピンク映画だということを思い起こさせますが、淡々と流れる物語のなかに美しい映像が溢れかえる傑作でした。「ピンクにしては傑作」ではなくて、ただただ「傑作」。宇波拓の音楽がまた絶品で、映画館を出てからずっと口笛吹いてました*2
 浅草世界館にて17日まで。19時からの回なら800円で観られます。紹介してくれたモルモット吉田さんのブログもぜひ。

 あと、これは余談ですが、ほとんど前知識なしで出かけていったこの作品、なんと旧名葉月蛍さんが出演されてました。水族館劇場を辞められて以来まったくお会いしてないのですが、思わぬ再会。劇中、彼女が恋人と暮らす家に雰囲気があり、とくに屋根の上で幸せそうに寝転ぶ男の横に、窓越しにほたるさんが豚の蚊取り線香を置く場面は素晴らしかったです。


 長くなってしまったので、洞口依子についてはいつかまた。見終わったあと「どうして宮崎あおいに惹かれるのかがわかった」と思いながらロビーに出ると、宮崎あおいからの大きな花束が飾ってありました*3。『君は裸足の神を見たか』の上映はもうありませんが、映画祭自体は20日まで開催中です。

(宮地)

*1:どうしても読みたい人の筆頭は、長い間そのブログを愛読しているトライさんのものでした。メールのやりとりのみで直接の面識はない方なのですが、前にも一度日々録で紹介させてもらってます

*2:この人がいましろたかしのファンであることを最近知って、うれしくなりました。詳しくは、こちらこちらを。

*3:矢作俊彦からのものも当然のようにありました。

加藤千晶 2夜

 11月の前半に、加藤千晶さんのライブが、立て続けに行われます。

 まず、最初、11月1日(日)のライブは、いつもの吉祥寺MANDA-LA2での「アップップリケショー 4」。千晶さんの魅力がダイレクトに伝わる、5人編成でのステージです。前回7月のときは冒頭からすごいテンションで飛ばしまくり圧倒されましたが、さて、今回はどうなるのでしょう。また、以前の関島岳郎さんとの「即興作曲大会」に変わってここ最近行われている「物まねショー」の時間も楽しみ。千晶さんの自然体のようでいて計算された味わいのあるMCも、ぜひ堪能してください。

加藤千晶『アップップリケショー4 』

吉祥寺MANDA-LA2

11月1日(日)OPEN18:30 / PLAY19:30

ADV¥2,500 (+drink)/ DOOR¥2,800 (+drink)

出演:加藤千晶・高橋結子・河瀬英樹・熊坂るつこ・鳥羽修


 続いて11月7日(土)には、水道橋の食堂「アンチヘブリンガン」での「ごちそう音楽会」。いつもライブでご一緒するNEGIさんの企画協力によるライブです。千晶さんと言えば、ホームページに「おいしいものと加藤千晶」というコーナーをつくるほどのごちそう好きなわけですが、そんな彼女が、おいしく楽しく居心地のよいアンチヘブリンガンでどのようなステージを見せるのか、いまから楽しみです。こちらはギターの鳥羽修さんとの2人編成。完全予約制ですので、「行く行く」と思った方はいますぐご予約を。(宮地)

神保町「美術+雑貨×古本≒リトルエキスポ」参加イベント

加藤千晶とアンチヘブリンガンのごちそう音楽会』

水道橋 食堂アンチヘブリンガン

11月7日(土)OPEN17:00 / PLAY18:00

¥2,800 + 1drink おいしいお食事も各種ご用意しています。

出演:加藤千晶・鳥羽修


ご予約は、食堂アンチヘブリンガンにて、お電話03-5280-6678 か メールantiheblingan@tcn-catv.ne.jp、または加藤千晶食堂にて承ります。

カフェ・ラバンデリア

 カワグチさんや小森くんとは、もうかれこれ10年近い付き合いになります。たぶん90年代の終わり頃、当時「AMERICAN BOOK JAM」の編集をされていた佐藤由美子さんを通して知り合いました。その辺りの思い出については以前もここで書きましたが、店をはじめてまだ間もなく、外の世界にあまり知り合いのいないぼくたちに、たくさんの方を引き合わせてくださりました。
 さて、そんな佐藤さんが、この夏から新たに新宿でカフェを始めらています。名前は「カフェ・ラバンデリア」。今後はここを拠点に、またさまざまな活動をされるとのこと。ホームページがないようので、地図の画像を載せておきます。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。(宮地)

明日から神保町のヒナタ屋さんで、しのばず実行委員のやまがら文庫さんがプロデュースした企画が始まります。

第2回LITTLE EXPO '09スタンプラリー参加企画
     
はと+わた毛文庫
「こびっちゃんのエホン部屋」
     
期間:10月20日(火)〜11月28日(土)
場所:カフェ・ヒナタ屋
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-10 振天堂ビル4F
phone&fax 03-5848-7520
     
OPEN-11:30 CLOSE-22:00 
Last-order-21:00 定休日-日/月/祝
※11月1日(日)は臨時営業いたします
     
絵描きのはとちゃんが産み落とした”こびっちゃん”。
わた毛文庫さんセレクトの絵本が並ぶ店内外を、沢山のこびっちゃんがを占拠します。
お気に入りの絵本や雑貨と隠れたこびっちゃんをカフェ・ヒナタ屋で見つけてね!
     
第2回LITTLE EXPO '09ブログ
http://ameblo.jp/littleexpo/entry-10344087420.html

“こびっちゃん”の産みの親、はとちゃんは、11月7日まで町屋のあかりやさんでも「ハナモグレ」と題した展覧会を開催中。あかりやさん終了後は、11月9日から下北沢のうさやさんに場所を移して11月29日まで楽しめます。
あかりや http://akariya.ciao.jp/
うさや http://r.tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13061392/


文京ふるさと歴史館は、今週の土曜日からです。期間中記念講演もあります。また同じ時期に豊島区郷土資料館では、「トキワ荘のヒーローたち〜マンガにかけた青春〜』も開催されます。http://www.city.toshima.lg.jp/bunka/shiryokan/

「実録!“漫画少年”誌」
昭和の名編集者・加藤謙一

  • 日時:10月24日(土)〜12月6日(日)

    10時〜17時 月曜休館